イタリア新婚旅行 8日目 ミラノ①

旅行記

こんにちは。すたじゃ!です。
イタリア新婚旅行紀 8日目 ミラノ① のブログです。

▼自分でホテル航空券手配はコチラ!▼

 

■ 8日目午前中 特急移動 ベネチア⇒ミラノ

さてさて、ついに居心地がよかったベネチアからミラノへ移動。新婚旅行も終盤です。
ホテルで最後のゆっくりとした食事をとって駅に移動。

特急電車Freccia Rossaに乗り込みミラノへ一直線。

途中「メストレ」という、ヴェネツィアに宿をとらない場合に、宿泊することが多い駅を通過。
きらびやかさもなんにもない、ごく普通の都市じゃないか・・・(-_-;)
ヴェネツィアの対岸にある都市だから、もっと活気あるお洒落な都市だと思っていた・・・

★ ベネチア⇒ミラノ 2人で€39.80!

イタリアの赤い特急Freccia Rossaを格安で乗れるCarta Frecciaを作ったおかげで、2時間25分の電車の旅が2人で€39.80(約5300円)!

これ、座席指定料など全て「コミコミ」の値段ですよー!

Carta Freccia を作って事前予約をするのは、必須です!!o(^O^*=*^O^)o

 

TrenitaliaのHPでチケットを予約する際、このCarta Frecciaの登録ができていないと、事前予約できません!

CartaFreccia を作って、お得にイタリアの都市を回りましょう!


 

■ 宿泊先:★★★ ホテル ジーニアス ダウンタウン Hotel Genius Downtown



▲ホテル ジーニアスの予約はここから▲

ホテルは、ミラノでの最大の目的「アウトレット」に行きやすい場所を選んだ。
1日目は午後着。2日目はずっとアウトレットで寝に帰るだけ。
ショッピングが目的で豪華さを望んでいなかった。

Cadorna駅から徒歩で7〜8分で近いのだけど、スーツケースを抱えて石畳をガラガラ引っ張るのは、結構、遠い。それにこういう時に、スリに狙われるわけだから、実際より時間が長く感じる。


入口はまぁまぁ。


フロントも狭いけど、小綺麗。

ヴェネツィアのホテルと比べてはダメだけど、やっぱり格が落ちる。

フロントの従業員は、本当に若い。大学生のアルバイトねって感じ。(実際、アルバイトだと思う)
とは言っても、別に失礼な態度とか、そういうのはないので、不都合はなかった。

■部屋チェック!

ローマ、フィレンツェとも同じ三ツ星だったけど、このホテルは最近、改装されたのか新しい。
部屋を開けると、こんな感じ。

結構、広い。部屋のクオリティーは、日本の少し小綺麗なビジネスホテルっていう感じ。綺麗なのが嬉しい。

恒例のバス・トイレチェック!

うん、まぁ、キレイ! でも窓がないので、解放感がなく、暗いなぁ。
シャワーの水の量はちゃんと出るのだけど、ヘッドが固定式。ちょっと減点。

【参考 ヴェネツィアのホテルのバスルーム】

うーん、やはり三ツ星と四つ星ではかなり差がある。窓があると明るくて、清潔感もありますね。

歯ブラシセットは、・・・

分かってはいたけど無い!(^^)

 

評価としては、「中の上」。同じ三ツ星の中では一番上。

★★★ ホテル ジーニアス ダウンタウン

▲ホテル ジーニアスの予約はここから▲

 

8日目午後 ミラノ観光 スフォルツァ城とお土産探し。

15:00くらいから観光に出発。ミラノはそんなに観光するとこないんだよなぁということで、スフォルツァ城に行ってみました。

■スフォルツァ城

ホテルから歩いて10分くらいのところにある。かつてレオナルド・ダ・ヴィンチが宮廷画家として勤めていたスフォルツァ家のお城。中にある美術館に入らなければ、市民に開放されているので、写真撮影とお散歩。

スフォルツァ城をバックに記念撮影をしようとしたら、バラの花や、ミサンガ、自撮り棒の物売りがウザイ。

基本、移民の人たちが中心に、路上で近づいてきて物を売ってくるが、要らんものばかり売ってくる。

ウザすぎるので、近づいてきただけで「No thank you」と言ってかわそうとするが、なんだかんだ話しかけてくる。いや、買う気ないし、僕らのする会話の中に急に入ってきて、話を途中で折られるため、だんだん腹が立ってきて、「No!!!!!!!!!」と、断り方も荒くなっていく。

そうすると、相手も人。まだ、ろくに迷惑(笑)もかけてないのに、近づいただけで「No!!!!!!!!!」と言われるものだから、文句を言ってくる。

一度、中国人観光客だと思われて、

“Everyone knows,you are trouble people in the world…”
(みんな知っているけど、おまえらは世界中でトラブルを起こす国民だけどな…)

なんて、捨て台詞を吐かれた。なんで、物売りに、こんなこと言われないとあかんのだ。

これはどうにかしないと、精神衛生上よくない。

■魔法の言葉 「昨日買ったよ!」

そこで思いついたセリフがこれ。

物売り:Selfie, €1? (自撮り棒、1€だよ。)

僕:Sorry I took it yesterday. (ゴメン、昨日買ったんだわ)

物売り:Oh, yesterday? So today? (えー、昨日? 今日は?)☚もう諦めてジョークを言うしかない。

僕:Noooooo!  (笑いながらNoooooo!)

「昨日、買ったよ」で、他の奴に出し抜かれたと思い、もう、それ以上、しつこく言ってこない。(売れなかった自分がタッチの差で負けたとなるのだ)

とくに女性と一緒ににいると「男ならイタリアのロマンチックな場所で花を送れっ!」とばかり花売りが近づいてくる。

こんな時も「いや、昨日買ったんだわ、悪いね」というのは非常に有効だった。

その前は、なに?と言われたり、捨てセリフを吐かれたりしていたけど、この魔法のセリフを言うようになって、全くノーストレス。

なんだったら Have a good travel!なんて言ってくるようになりました(^_^)
とっても有効なので、ぜひお試しあれ。

 

■午後、お土産探し

旅行最終日の明日は一日中アウトレットに行っているので、スーパーでお土産を買う時間はない。

空港なんかで買うより、よっぽど安くお土産が買っているので、絶対に市街で買うべき。

スーパーでKnorrのリゾット、クッキー、チョコレートのお土産をたくさん買い込みました。

一旦、ホテルに戻って荷物を置き、夕食に出発!よーし、今日の一番の目的、ミラノ風カツレツを食べにいこう!

 

■ディナー L’Immagine Ristorante Bistrot

Trip Advisorで物凄く評価が高い店だし、サイトに載っているレストランの雰囲気の写真や料理を見て、ここしかない!と選んだレストラン。

ところで、ミラノ市街から、かなり遠い。バスで40分くらい。もうミラノと言っても、オシャレさも何にもない住宅地の中に、ぽつんと店があった。もうGoogle 先生がいなければ、たどり着かないのではないかな?と思うくらいの辺鄙な場所です。

中に入ると、洒落たレストラン。こんな雰囲気のよいレストランは、今回のイタリアの旅では初めてかな。

 

来ているお客は、言葉のアクセントから想像するに、アメリカ人のお金を持ってそうな上品なお客ばかり。Trip Advisorで物凄く外人から評価が高い店だからなぁと改めて思った。

さて、メニューを見てみる。

うーん、専門用語ばかりで分からん・・・(・Θ・;)

Tagliataってイタリア語の過去分詞で「切った」という意味だけど、日本語で説明する時、言葉に窮する。とりあえず、「切った肉ね」と説明。料理の専門用語を知らないので、これ以上、説明のしようがない・・・

Filetto(Fillet)ってなんすか? ∑(; ̄□ ̄A (ヒレ肉のことね。。。)

ミラノ風カツレツってイタリア語でなんていうんだー??。もういいや、店員を呼ぼ。

「料理の専門用語がよくわかんないので、スマホの写真で注文しますわ」
笑いながら注文。こういう時、Trip Advisorは本当に役立つ。

Trip Advisor ⇒L’Immagine Ristorante Bistrot

 

【本日のディナー】

・アンティパスト
薄切り牛肉のカルパッチョとルッコラとグラーナチーズ

・セコンド1
トスカーナのヒレ肉のタリアータと、ポルチーニ茸、ポテト、ルッコラの付合せ。

・セコンド2
ミラノ風カツレツ

すべて、「これ」「これ」って指差し注文しただけです(笑)

 

さて、一番苦手なオーダーが終わったところで、このテーブルに元々、置いてある食べ物が気になってきた。なんか色々と置いてある。

「これ食べていいんかな??」

ってか、食べてもいいんだろうけど、当然、食べたらお金払わないとあかんよね。

押し売りかぁーーーー( ̄Д ̄;;

店員に、恐るおそる聞いてみると、これはContornoとして自由に食べていいという。

え、マジか・・・そんな中華飯店みたいな気前のいい店、イタリアのレストランで入ったことないぞ。

 

って言っているうちに、ミートボールがテーブルに。

「え、なんかこれTrip Advisorの写真でみたけど、これ、頼んでいないんだけど」

「店からのサービスよ。もしよかったら、テーブルの乾燥トマトとパンと一緒に食べてみて♫」

え、マジすか・・・ こんなことがイタリアであるのか??

 

もう、いいや、ボッタくりでもしゃーねーなーと諦めて食べてみた。

「う、うまい・・・」

ミートボールも、ちゃんと、ひき肉の歯ごたえがあって、冷凍食品のものをボイルしたようなものではないです。

 

あっという間に、Contorno完食。これはアンティパストをオーダーする必要もなかったかなとも思いました。

と考えている間に料理が運ばれてきた。まずは、トスカーナのヒレ肉のタリアータ

次、アンティパストの牛のカルパッチョ。

おいおい、提供する順番が逆ではないか・・・

てか、セコンドのトスカーナのヒレ肉のタリアータが旨すぎて、薄味のアンティパストのカルパッチョを食べても、全く感動がない。これはこれで、最初に食べたら美味しかったのだろうけど。

とっても残念・・・

この「ヒレ肉のタリアータ」は、「トスカーナの」という形容詞が付いていたから、「えー、ミラノに来て、トスカーナかー・・・」って思っていたけど、そんなことどうでもよいくらいの旨さ。

いや、やっぱり焼いた牛肉はうまい!!!!!!!!!!!

 

テーブルの皿が片付けられて、ついにラスボスの、「ミラノ風カツレツ」登場!

どどーん。

でけーなー(●⌒∇⌒●)

とくにソースもなく塩味のまま食べてみる。

ん?そんなに旨くもないな。てか、「トンカツソースが欲しい!」って感じ。
店の人に聞いてみると、とくにサルサとかはないという。もしよかったらバルサミコ酢をかけて食べてみたら?という話。パサパサなので、とにかく何かカツに染みるものが必要・・・

これが本場の味なのか、この店が特別なのか、ちょっと揚げすぎてパサパサ感が半端ない。

いやでも、薄く伸ばした豚肉のカツだから、こんなもんなのかなぁ。
日本のカツが、普通に旨すぎるのかもしれない。

そんなことを思いつつも完食。

ふーお腹いっぱい~~~~ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

 

どん!

と、黄色のドロッとした液体がカラファで置かれた。

僕:「なにこれ?」

店員:「メロンチェッロというレモンチェッロの派生形のお酒よ。もしよかったらどうぞ♫」

 

いや、さっきから「もしよかったらどうぞ♫」が怖すぎるんですけど・・・

「料理屋は、アルコールで儲ける」ってどこかで聞いたことあるけど、さすがに、これは飲んだらレシートに記載されるに決まっているよね。量も、500mlくらいあるし。。。

で、今日何回目かのフレーズだけど、再度・・・

僕:「これ、有料ですよね?」

店員:「いえいえ、これは店からのサービスよ。メロンクリームの美味しいお酒だから飲んでみて!」

 

へっ、マジか。こんなことイタリアであり得るのか?

ん、まぁいい、無料といっているし、ボッタくりでもいいや、飲んでみよう!

「こ、これは、旨い!」

食後酒として最高。

アルコール度数が高い酒だけど、二人で一気に飲んでしまった。

 

と、ちょっとほろ酔いになって休んでいたら、店員が8個くらいデザートが乗った皿をもって席にやってきた。

店員:「これ、ここのレストランで作っているデザートなんだけど、説明いいかしら?」

僕:「あ、これはさすがに有料ですよね?」

店員:「あ、そうそう、どう?」

僕:「あ、それじゃ、説明どうぞ」

と、もう、ここは押し売りっぽかったけど、店員の接客もよかったし、一つ、イチゴソースのパンナコッタ注文してみた。

普段、あまり甘いものは食べないんだよなー。まぁ、イタリア料理では、食後はデザートが付き物だし、まぁ、よいかとスプーンを手に取って・・・

二人で同時に口に入れてみる。。

「旨い!」

本当に、同時にこの一言が口から出てきた。

ちょっと脂っこいものを食べた後ということもあるけど、超絶美味しかった(⌒-⌒)

 

これにて、本日のディナーはおしまい。

緊張の会計だったけど、本当に注文した料理3品+デザート1個しか請求されていない!!

まじか、このレストラン。神だな。

もしミラノで仕事することがあったら、また絶対にくるぞと思ったくらい大満足のディナーでした。

とはいえ、帰りは、やっぱりパスは面倒くさい。今度来るときは、タクシーで来よう♫

翌日はミラノのアウトレットです!

イタリア新婚旅行 9日目(最終日) ミラノ②
こんにちは。すたじゃ!です。 イタリア新婚旅行紀 9日目(最終日) ミラノ② のブログです。 ▼自分でホテル航空券手配はコチラ!▼ ■ ホテル朝食 ミラノはビジネスの都市。朝食会場に行くと展示場にいくと思われるファッション関係のビジネスマンが朝食をとっていました。 朝食会場はこんなかん...

▼自分でホテル航空券手配はコチラ!▼

 

▼ヨーロッパ旅行はコチラがおすすめ▼
海外旅行
Copyright 2018. すたじゃ!(スタイリッシュ・ライフ・ジャーナル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました