米国株=マネックス証券(MONEX)のメリット・デメリット

資産運用

こんにちは。スタジャ!です。

マネックス(Monex)を使って米国株取引で不労所得Get!

銀行の金利じゃお金は増えない。それじゃ投資でもしようかな・・・と思った時点で米国株取引は人生において必須です!!

管理人やすゆーは、日本株取引をほぼ辞めました。昔買った塩漬け銘柄を保持しているだけです…(´;ω;`)

日本株の上下というのは、米国株に深く関係してます。よく「アメリカがくしゃみをしたら、日本は風邪をひく」といいますが、テレビでNYダウが下落しましたという次の日の日本株は散々な市場になります。それに成熟市場の日本株は、どどーん、と伸びない。ここ数年、アベノミクスで株価は増進しましたが、その前は、世界的に景気がよくなって、日本にも際立ったマイナス要因はなかったはずなのに、世界の市場においていかれるように株価が伸びませんでした。マイナス要因もないのに雰囲気だけ(?)で伸びないなんてあまりにも悲しすぎるじゃありませんか(泣)

過去50年でNYダウは20倍に!

1985年1月-2017年8月 Yahoo! Finance

今現在、Yahoo! FinanceでMaxで調べられるDow Jones Industrial Averageのチャートは1985年1月1日から。2017年8月の現在、32年の経過は上のとおり、こんなにも右肩上がり!

有事などあっても、高い上昇率を継続しており、米国投資を行っていた人の多くが資産を何倍にも増やしています。

 

米国株投資は、マネックスとなってしまう理由

米国株の売買手数料は日本株に比べて高い。米国株は手数料が高いのでデイトレーダーより長期投資家に向いている。

だから米国株は、とにかく手数料で証券会社を選ぼう。使い勝手、取引可能時間がよくたって、手数料で負けてしまっては意味がない。

 

☛次ページ マネックスの3つメリット、1つデメリット

 

▼マネックス証券の無料口座開設はこちら▼

 

Copyright 2017. スタジャ!(スタイリッシュ・ライフ・ジャーナル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました