インビザライン5th 顎の歪み 矯正 ブログ【#20/20】最終 変わってない!

09/06/2022

こんにちは。すたじゃ!です。

口の歪みが原因で、「写真を撮らない、見ない 、 破棄する」という人生を送ってきました。
38歳から「残り40年分?の笑顔」を手に入れるための、インビザライン歯科矯正ブログです。

5thシーズンは、結局、最初と最後しか更新なしです。

20個しかアライナーがなく、中盤でもほとんど変化しているのに気が付かず、ブログ更新のモチベーションが起こりませんでした。さて、最初と最後を比較して変わっているのか?

今回【#20/20】 (5th最終)と 前回【#1/60】の比較

いつも通り定点観測をします。

前回 5thシーズン 【#1/60】
211202 5th 1 正面rev

↓ ↓ ↓ ↓

今回 5thシーズン 【#20/20】
5th 最終 歯だけ

え、なんか変わった?

こんなことあるの??注意深くみても、上下の歯が全く同じ場所にある。。。

 

1st ~ 5thシーズンの比較

5thシーズンだけみても変化がよくわからなかった。前回4thからどの程度変わったのでしょうか?

それでは比較分析開始―!

顔正面 (4thから全く変わらず…)

1stシーズン #23(最終)

↓ ↓ ↓ ↓

2ndシーズン #36(最終)

↓ ↓ ↓ ↓

3rdシーズン #71(中断・最終)
200521_正面 口開けライトあり

↓ ↓ ↓ ↓

4thシーズン #60(最終)
211005 インビザ4th最終 正面色々ズレている。↓ ↓ ↓ ↓

5thシーズン #20(最終)
5thラスト 顎写真

4thと比較してもやはり、なにが変わった?少しだけ右下の歯列が内側に入っているのかな?

てか、歯が、4thよりも、全体的に倒れてない?

【4thの問題点を再掲】
鼻筋に対して、歯が右に倒れている。(歯の上側を起点に考えると、左に倒れているという表現が正しいのか?)
上の歯列を水平にする。
上前歯の正中はもう少し右に寄るべき。
右下奥の歯列が上の歯より外側にある。(下のアーチが上の内側に収まっていない)

問題点、全く治ってないです。。。

 

下の歯 (4thと変わらず。右側が前に残っている)

1stシーズン #23(最終)↓ ↓ ↓ ↓
2ndシーズン #36(最終)↓ ↓ ↓ ↓
今回 3rdシーズン #71(中断・最終)200521 下の歯 右が前に出すぎ

↓ ↓ ↓ ↓
4thシーズン #60(最終)

211006 4th 最終 下の歯の左右の顕著な違い↓ ↓ ↓ ↓

5thシーズン #20(最終)
5thラスト 下顎

やはり、なにが変わった? もう点線とか写真の編集をする気もなくなるくらい、なにも変わってないです。

【4thの問題点を再掲】
・右下の犬歯周辺が上と かち合う。
・下の左右の歯の位置を揃えてほしい。(現状、右半分がかなり前に出ている)
⇒次の対策としては、右の奥歯を左同様、奥に下げ、順次、前の歯も全体的に奥に移動=受け口解消。
・歯の隙間を無くし、ガタガタを直す。

 

上下のアーチ (少しマシになった)

1stシーズン #23(最終)

これはひどい。。。上と下のアーチが合わない

↓ ↓ ↓ ↓

2ndシーズン #36(最終)

↓ ↓ ↓ ↓

今回 3rdシーズン #71(中断・最終)

↓ ↓ ↓ ↓
4thシーズン #60(最終)
211005 インビザ4th最終 仰ぎ見た 口空け211005 インビザ4th最終 仰ぎ見た 口閉じ

↓ ↓ ↓ ↓

5thシーズン #20(最終)
5th最終 あおり口開け5th最終 あおり 口閉じ

 

ん?

4thよりも、少しだけ、ホントに少しだけ、右下の歯列が内側に入ったか?
口を閉じた時の下唇の右側の出っ張りが、少しマシになっていると思います。

ただ、歯は、なんかやっぱり、倒れが酷くなっているような気がする。

【4thの問題点を再掲】
・右下の犬歯周辺から奥にかけて、上の歯列と かち合う。
・歯の倒れが直らない。(今回追加)

 

歯の矯正 チェック項目

改善リスト。(優先度が高い順に記載)

右の上下犬歯がかち合い、下の右犬歯をもっと奥に引っ込める
  右下の犬歯周辺を奥に下げつつ、内側に入れる。

② 噛み合わせが悪く、下あごが斜めに見える。
→右下奥の歯列が上の歯より外側にある。(下のアーチが上の内側に収まっていない)
→上の歯列が頭蓋骨に対して「左下り」に生えている。(上の歯列を水平にする)

③ 上アゴと下アゴの歯の正中線がズレている。(上前歯の正中はもう少し右に寄るべきか)

④ 鼻筋に対して、歯が右に倒れている。(終始、現象としては変わらず)
(これまで使ってきた表現だが、「左に倒れている」という表現が正しいかも)
→もしかすると、このような間違った表現がいつまで経っても倒れが直らない要因かもしれない。先生としっかりコミュニケーションをもとう。

⑤ 下の左右の歯の位置を揃えてほしい。(現状、右側がかなり前に出ている)
⇒次の対策としては、右の奥歯を左同様、奥に下げ、順次、前の歯も全体的に奥に移動=受け口解消。

⑥ 歯の隙間を無くし、ガタガタを直す。

 

次回→ Coming Soon…

 

ブログランキングに参加しています。
記事内容に満足されたら、ポチっとお願いしますm(。_。)m


矯正歯科ランキング
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

Copyright 2017~. すたじゃ!(スタイリッシュ・ライフ・ジャーナル)