見えない矯正インビザライン 1stシーズン#6 /23

インビザライン

こんにちは。スタジャ!です。

口の歪みが原因で、「写真を撮らない、見ない 、 破棄する」という人生を送ってきました。

38歳から「残り40年分?の笑顔」を手に入れるための、インビザライン歯科矯正ブログです。

 

■アライナー#6/23の記録です。

 

■クリンチェック画像での比較。

ココで、強調しておきたいのは、クリンチェック画像では、少しマシになっているように見えるけど、目視のレベルでは「誤差レベル」。

正直本当に動いているのかなぁーと思うし、歯医者にいっても、これ動いているの?と聞きまくってます。

歯科衛生士さんも、「アライナーが嵌るということは、動いてるってことですよ(汗)」って言わないといけないくらい、見た目の変化が少ない。

アライナー#1-5の実物の写真がないのは、撮影したけど、あまりにも口の歪みが酷すぎて、写真で残す気にならなかったから。

インビザラインを始めて早、1.5ヶ月。

アライナー#6になり、写真を撮ってみようかなと思ったのは下記2点。
①奥に引っ込んだ前歯も気持ち出てきたような感じがする。
②写真を撮ったあと笑顔チェック→リテイクをすることが少なくなってきた。=口の歪みが軽減した?

なので、「俺、マシになったかなぁ?」と、今回から写真を撮ってみました。

■アライナー#6 /23の実物写真。

しかし・・・ほぼほぼ見た目、変わってないし、写真でみると、自分が鏡で見ているよりヒドく見えて悲しくなる。(泣)

#6の実物写真

 

実物と、クリンチェック画像と比べてみると、違いが分かります。

1)右上の奥歯がクリンチェック画像では下の歯と比較的綺麗にかみ合ってますが、実物はかみ合ってないです。(かみ合ってないというより、上の歯の列が内側にある。)

2)圧倒的に実物のほうが口が歪んでみえる。(上と下の歯の間に隙間があり、かみ合ってないから?)

 

こうやって考えてみると、今まで、見て見ぬふりをしてきたけど、歯並びがヤバすぎる。

歯の並びで、まっすぐなところはないのでないか? 一本づつ、ガタガタ!!

 

【気になる点】

◆上左1番=中切歯が、一段奥に落ち込んでいる左2番=側切歯に向かって、奥に傾いている。

◆右の上奥歯が、下よりアーチが狭いので、かみ合っていない。

◆上と下の歯が斜めに噛み合わさっている。さらに、下の前歯が全体的に左に倒れている。(これにより口が歪んで見える。)

 

【恒例】自分の気になる点のチェック

初心に立ち戻り、矯正前の自分の悩みリストと比較。

①噛み合わせが悪く、下あごが斜めに付いているように見える。
→斜めに見える。
②上アゴと下アゴの歯の中心線がズレている。
→ほぼ矯正前と変わらず。
③前歯の左2番(側切歯)が引っ込んでおり、歯抜けジジイに見える。
→相変わらず・・・
④歯を食いしばるとキリキリと歯が鳴き、力が入らない。
→これは改善しつつある。

ほんとに、いままで、見て見ぬふりをして過ごしていたツケがたたりました・・・

 

⇒次回、見えない矯正インビザライン 1stシーズン#7 /23

 

~二度と戻らない思い出のために~
▼全国の矯正歯科検索はコチラ▼


Copyright 2017. スタジャ!(スタイリッシュ・ライフ・ジャーナル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました